ダマリ紀行

[日本_奄美大島]愛加那 AIKANA

 奄美に10年住んでいた。365日ハイビスカスは咲いている。この写真を見て、愛加那を思い出したのでブログに書いてみる。 タイトルの愛加那とは、西郷どんが薩摩藩命により島に流された時の妻のこと。名前は、龍 愛子。 西郷との結婚時に「愛」の名を与えられ、母の枝加那の「加那」をとり愛加那となる。 奄美に住んでいた時、飲み会の席で初めて「愛加那」という単語を聞いた時、「愛人」という意味で使っている奄美の方言か?と思ったことがあった。 だけど、それは、西郷どんの島の妻である愛加那のことを皮肉った島の人の言い方だった。鹿児島本土からきたサラリーマンが、奄美に愛人を作るという話はよく聞く話。だから奄美に作った愛人のことを「愛加那」と呼んでいるのだ。 なんて悲しい話だろう。愛加那は、愛人なんかじゃない。愛加那は、西郷どんと3年間結婚生活をし、2人の子どもを授かったが2人とも西郷本家にとられたわけで…………。可哀想だよ(T_T)  愛加那のお墓。私有地なので、観光用に公開されていない。子孫の方に場所を聞いて、入らせていただいた。  奄美大島・龍郷町にある西郷南洲謫居跡。西郷どんと愛加那が暮らしていた場所。 この施設は、愛加那のご子孫が所有している個人の所有物で、敷地も私有地。  NHK大河ドラマ「西郷どん」も、今、奄美編になったので愛加那の出番!愛加那役の二階堂ふみさんの、奄美方言、とても上手い! 奄美大島へ行かれる方は、ぜひ、西郷南洲謫居跡へ(^^)/////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時 名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ フェスタ特別価格/1枠20分…2000円詳細・ご予約はこちらから///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP