ダマリ紀行

[日本_奄美大島]龍郷町秋名の文化遺産「平瀬マンカイ」

 奄美大島・龍郷町にある秋名集落。毎年旧暦の8月初丙の日にアラセツ(新節)の行事として「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」が行われる。今回は、「平瀬マンカイ」について書いてみる。 夕方、秋名湾に集落の人々はもちろん全国から「平瀬マンカイ」をカメラに収めようとカメラ小僧が場所取りでひしめきあう。 ダマリもこの頃は、一眼レフにはまっていて(それもフィルムw)カメラ小僧に負けじと場所取りをして、撮影にこぎつけた。望遠レンズでないと、なかなか難しい。 「平瀬マンカイ」は、分かりやすく言うと豊年祭。ネリヤカナヤ(海のかなたの楽園)から神を招き、五穀豊穣を祈る祭事だ。 上写真に写っている奥の岩が「神平瀬(カミヒラセ)」、手前の岩が「女童平瀬(メラベヒラセ)」。神平瀬には、ノロ役の5人がチヂンを持って登り、神事を唱える。ノロとは、琉球時代に国家行事を司った神人である女性のことだ。 その間、女童平瀬にはクジ・シドワキ(ノロの補佐役)が登り、マンカイ(招き)の手振りをし、歌に合わせて踊りがはじまる。  ノロ役5人。  とても神秘的な風景。ダマリの祖母は、ユタ(琉球列島のシャーマン)とまではいかないが毎朝白装束に身をまとい、神棚に向かって祈りを捧げチヂンを叩いていた。  奄美の八月踊り(豊年祭の踊り)は、集落によって唄も違えば、踊りも異なる。大島紬の模様や、浴衣の模様も各集落様々だ。八月踊りから六調(唄・踊り・蛇味線・チヂン・指笛・かけ声)へと踊り続けるあの空気感は、毎回鳥肌が立つ。  奄美の踊りには、女踊りと男踊りがあり、踊り方がちょっと異なる。普段は大人しそうにしている、じいさん・ばあさんも八月踊りとなると、キレッキレの踊りをするので驚かされる。皆んな上手でかっこいい。  奄美には、豊作を祈願するお祭りが沢山あるが「平瀬マンカイ」はその中でもかなり独特で、琉球王朝の統治時代から行われていて 400年も受け継がれており奄美で最も古いといわれている。   秋名集落は、奄美では少ない米作りに力を入れている。豊年祭が近くなると、わざわざ秋名まで出向き、稲穂を購入してくる人がいた。陶芸家の友人は、秋名の田んぼから泥をいただき、それで茶碗作りに挑戦していた。 奄美に住んでいる頃は、なにもかもが普通の日常だったけどこうしてシマを離れると、やはり神々に近いシマだとつくづく思うしこういう伝統が永遠に残っていってほしいと強く思う。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP