日記

ばあちゃんと最後の田植え

  2016年。母が5月に亡くなったあと、ダマリは3カ月、実家で過ごした。この3カ月のお陰で、心の修復が早かったように思う。 特に、祖母と毎日過ごせたし田植え、梅干しなどなど祖母の暮らしに寄り添うことで、色々なことを学べた。 そして、その3カ月は、今思えば、神様が与えてくれたばあちゃんとの濃密な宝物の時間だったと言える。祖母は2017年に脳梗塞となり、思うように動けなくなった。  ふりかえると、祖母にとって「最後の田植え」となってしまった、この写真を撮影した日、私は、なんとなくだが「もしかして、ばあちゃんとの田植えはこれが最後になるかもしれない」とそんなことを、思ってしまっていた。  田植えは基本的に、機械でするのだがこの時は、「あともう少しで終わる!」って時に、機械が途中で故障してしまい、残りの苗を、手植えをすることになってしまった。  ばあちゃんと二人で、残りの苗を手植えしたあの日。360度深い森に囲まれ、空は高く、聞こえるのは鳥のさえずりと、川のせせらぎ、そして、普段があまり感じることができない、風の音を常に感じていた。 目に入る色は、眩しい黄緑。風に揺られ、水田が光り、苗が揺らぐ。祖母も私も、無言で作業をもくもくと進めた。   すくすく育ってね。  川の水で、農作業技を洗う。小・中学生の夏休みは、ここの川で友達と水遊びをした。この日は、工事の土砂が混じって濁っていた。  田の神たのかんさぁへ、苗をお供え。今年もお米が無事に収穫できますように。  祖母は、もう、農作業をすることはできない。実質、この時が祖母にとっての、最後の田植えになってしまった。 父と弟が、田植えを引き継いでいる。自家米をいただける環境に感謝。恵みに感謝。祖父母に感謝。 ばあちゃん、もうすぐ帰省するからね。待っててね。田植えの話をしようね。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP