日記

ばあちゃんちで覚えた食べ物たち

 ダマリの両親が離婚してから(ダマリ小学5年)ばあちゃんちに泊まる事が多くなった。当時のダマリの感覚から言えば、ばあちゃんちは気分転換の場所だった。 そんな、ばあちゃんちで覚えた食べ物をふと思い出し、懐かしく思うことがある。今日は、一部をご紹介。 ●茶節鹿児島では、削った鰹節・味噌にお茶を注いで飲む風習がある。ばあちゃんちの朝ごはんは、わざわざ味噌汁を作らずに茶節だった。じいちゃんが鰹節を削る係。お椀に鰹節・自家製味噌に、自家栽培の緑茶を注ぐ。 ●ごっくん卵遠足や運動会の朝。学校のイベント行事がある時に、朝のんでいた「ごっくん卵」。コップに生卵を割り、少し醤油を垂らす。それをかき混ぜずに、まるごと「ごっくん!」と飲み込む。これが、ばあちゃんちの栄養ドリンク。 ●がねサツマイモをはじめとした自家製野菜を細切りのかき揚げ。一般に知られているかき揚げよりも、衣が分厚くて甘い。ばあちゃんが揚げたてを味見させてくれたっけ。 ●ケーキばあちゃんが言うケーキとは、手作りのホットケーキみたいなもの。小麦粉・砂糖・卵・ソーダのみで生地を作り、焼いたもの。これが甘くて美味しいのだ。 ●ずしずし=寿司ではない。細かく切った椎茸・人参・ごぼう等鶏ガラで煮詰めて味付けした具を炊いたご飯に混ぜる。誕生日や人が集まる時に出てきたなぁ。 ●きっこん汁鶏ガラで、大根をメインとした人参・ごぼう・さつま揚げ・椎茸などを汁ダクで煮たもの。この汁をご飯にかけて食べるのが大好きだった。 ●かしわ飯鶏と鶏ガラ、椎茸・人参・ごぼう等の具材で炊いたご飯。ガス釜で炊いていたため、そのおコゲがとっても美味しかった。 ●梅酒・すもも酒誕生日・クリスマス・お正月に特別に味見させてもらっていた。ビールもコップ2cmくらいは、小学生から飲ませてもらっていたなぁ〜。 あげればきりがないけど、懐かしい。今度帰省したら、ばあちゃんに料理の事聞いておかなくちゃ。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP