日記

母と最後のショッピングで購入した服

 最近ヘビロテで来ている服、デニムのロングシャツ。妊娠でお腹が大きくなって、ゴムなしレギンス・ノーブラでもこれを羽織れば、締め付けなしのお出かけ服完了! マタニティで購入したわけではないけど、とても役立っている服だ。妊娠後期は、こればかりを着て出かけている。 この服。今思えば、母と最後のショッピングでお揃いで購入したもの。母は当時、奄美大島に住んでいたが、末期ガンの疑いがあるということで、鹿児島本土のガン専門病院でPET検査を受けた。 その時の母は、自分の余命など考えておらず鹿児島市内のホテルをとり、美味しいご飯を食べ、娘と過ごす旅を楽しんでいた。移動はずっと車椅子。 PET検査を終え、市内のイオンモールへ。買い物好きの母は、車椅子ながらも、とても楽しそうだった。 その時に購入したお揃いのデニムシャツ。オシャレ好きの母は、上から下までセットで買い物をする。ピアス、帽子、Tシャツ、パンツ。そしてデニムシャツ。 とても似合っていたね。なんで、写真を撮らなかったのだろう……。母のデニムシャツは、弟嫁のマタニティ服になった。 あの時一緒に選んだ服が、母と最後のショッピングになるなんて。お揃いのデニムシャツ、母が守ってくれているのかな。着るたびにそう思う。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP