日記

母から最後のバースデーカード

 先日、Facebook上で「おすすめの映画・ドラマを教えてください!」と書き込みをしたらたくさんのおすすめ映画・ドラマ情報をいただいた。 その中で、まず選んだのは「バースデーカード」という作品。自分の誕生日が近い。という単純な理由で選んだのだが、これが号泣ものの作品だった。 主人公の女の子が10歳のある日、母が病気でこの世を去ってしまう。自分の死期を悟った母は、子どもたちが20歳になるまで毎年バースデーカードを贈る約束をしていた。その約束どおり、子どもたちのもとには毎年、母からの手紙が届くように。 自分の子どもが11〜20歳になるまでの成長を想像してバースデーカードを書く気持ちって、どんなだろう?と、母になった今、胸が熱くなった。 そして、ダマリの母からもらった最後のバースデーカードを思い出した。まさか、このカードが最後になるなんて、思ってもいなかったな……… 誕生日プレゼントを贈るとき、カードを付けるのと付けないのとでは受け取る側の気持ちが大きく異なる。プレゼントも嬉しいけど、手書きの手紙の方が、最高のプレゼントだから。 今日も誰かが生まれた日。Happy Birthday to you.  

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP