デザインコラム

【二次元バーコード(QRコード)】URLはシンプルな方が良い!

 二次元バーコード。いわゆるQRコードのこと。最近は、あらゆる印刷物に使用され、世の中に浸透している。 ダマリも、名刺やパンフ、セルフマガジンなどを制作する際二次元コードを無料サイトで作成し利用することが多い。 皆さんも、無料サイトで二次元コードを作成している方がいることだろう。 そこで、今回お伝えしたいのは【URLはシンプルな方が良い!】ということ。これが、二次元バーコード作成において関係してくる。 例えばダマリのホームページURLhttp://damalish.comこれで二次元コードを作成するとこんな感じ。 次は、ダマリのブログ・名刺制作実績URLhttp://blog.damalish.com/?cid=6これで二次元コードを作成するとこんな感じ。 お気づきだろうか?urlが長くなるほどバーコードの黒い部分が複雑になる。比べてみるとわかる。  バーコードが複雑になってくると印刷物で使用する際小さく載せると読み込まれない可能性が高くなる。 ダマリがお客様のホームページやブログ、そしてメールアドレスなどで二次元コードを作成する際に気をつけていること。それは10mm以内にしないこと。 もちろん読み込まれるかどうか印刷会社へ入稿する前に確認するが名刺制作などでバーコードを小さく載せたい場合バーコードが複雑だと心配になる。 個人でホームページやブログを制作する際に最初にサイト名やドメインなど決めるわけだがそこであまり長いURLになってしまうようだとバーコードにも影響が出てくる。 余談だが影響がでるのはバーコードだけではない。SEO(検索エンジン最適化)にも影響をあたえる。細かいことは割愛するがとにかくURLはシンプルになるように心がけよう! プログラミングなどする方からよく聞く話だがコーディングはシンプルなほど検索されやすいサイトになる。なにごともSimple is best!だね。  追記)「QRコード」は株式会社デンソーウェーブ様の登録商標でJIS、ISOで規格されています。QRコードの作成や利用には契約やライセンスは必要ありませんが「QRコード」の文言をホームページ等に表示する場合は登録商標文の併記が必要となります。 

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP