日記

ある日の魔女

今の時期、雑貨屋さんはハロウィン一色。オレンジと黒のツートーンを見ると胸が踊る。 私は、小さい頃から魔女の世界観が好きだった。雑草を潰して薬を作る真似をしたり、絵の具で水に色を付けて飲んだりして。(←真似しちゃダメ) そんな私が、2004年に鹿児島県奄美大島へ移住してから魔女への憧れは、薄れるどころか強まる一方だった。 兵庫県から夫婦でIターンしてきた辻夫妻と仲良くなり魔女友として親交を深め、庭のハーブでお茶して、クッキングして、黒猫もお互いに飼っていたし。 中でも楽しかったのは、ハロウィンパーティ。かれこれ10年前の写真になる。 日も暮れて、ゴースト達がやってきたぞっ 骸骨さんも到着した模様 魔女とデビル夫妻もいらっしゃいました Happy Halloween御馳走が沢山!さて、どれから食べようか 血がしたたる指は、絶妙なおいしさ…  私は大分へ、魔女友は兵庫へ戻り、住む場所は別々になってしまったけど、、、 こんな素敵な思い出は、忘れることはできないだろう。 私の中に眠っている「ある日の魔女」を少しづつ取り戻していこう。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP