ダマリ紀行

地球のスープ【大分県】竹瓦温泉/別府市元町

 温泉。大好きです。はい。特に露天風呂なら、何時間でも入っていられる。 温泉は、地球のスープ。ふつふつと湧き出て、体に美味しいスープを作ってくれる。 日本の温泉、海外の温泉を不定期でブログで紹介していこうかな♪  私の故郷である鹿児島は、温泉が多くて有名。ネットで泉源数を調べると 1位 大分県 4,381 2位 鹿児島県 2,771 だった。ちなみに3位は静岡県。  大分県すごいなぁ。ただ、これは、泉源数のことで、温泉施設(公衆浴場)・温泉地(宿泊施設)の数ではない。  温泉施設(公衆浴場)でのランキング 1位 静岡県 2,368 4位 大分県 1,153 5位 鹿児島県 938   温泉地(宿泊施設)でのランキング 1位 北海道 246 9位 鹿児島県 100 ランク外 大分県 という結果だそうで。  大分と鹿児島は、日帰り温泉が多い!っていうことだね(^^) ってなわけで、温泉がある故郷で育った私は車には必ず、温泉セット常備。 「温泉ソムリエ」のように、源泉の種類とかなんとか、、、って詳しくはないけれどあちこちの温泉に入っている方だと思う。 しかしながら、人生40年にして、大分県の温泉が初!!!!! せっかく大分県民になったのだから、これは、あちこちの温泉に足を運ばねば。 さて、記念すべき、大分県初の温泉地。選んだ場所は!!!!だらだらだらだらだらだらだらだらだらだららららっららrっららら~~~~~~~~だん!(←ピスタチオ風に)  竹瓦温泉 別府市元町  おぉ~~~!!!この佇まい。「千と千尋の神隠し」のモデルとなった道後温泉に通ずるものを感じすにはいられない!!!  温泉入浴料:100円砂湯入浴料:1030円 砂湯は、最大8名までしか入れないので、多いときは待ち時間があります。この日私は、11:30に到着したけど、「12:00からしか入れませんが。」と言われ待つことに。 現在の建物は昭和13年(1938)に建設されたものらしく、唐破風造(からはふづくり)の豪華な屋根をもつ温泉は、別府温泉のシンボル的な存在! 天井の高いロビーは昭和初期のイメージを残しているそうで、湯上りにくつろげるスペースとなっている。この日は、外国人観光客が沢山いた!!!
名物の砂湯は、浴衣を着て砂の上に横たわると砂かけさんが温泉で暖められた砂をかけてくれる。ジワジワ温かい、、、気持ちいい、、、
特に、私の場合、首が気持ちいいわ、、、
砂蒸し温泉って、鹿児島の指宿だけだと思ってた私、、、やっぱり、温泉地にはあるんだねぇ。 指宿の砂蒸しは、地熱で温められた砂で別府の砂蒸しは、温泉に湿してあたためた砂のようだ。  出典:ガンまる日記  出典:株式会社不動産中央センター 砂湯の時間は10分間。額から汗がじわりじわり、、 ん~~~~デトックス。 砂湯と併設されている”あがり湯”にゆっくり浸かって、はぁ~~~~幸せ。   へへへ。サビ猫よ。君は、ここの守り神だね。  竹瓦小路。飲み屋が軒を並べている。昼間だったから空いている店はなかったけどこういう怪しげな感じが、とても雰囲気が出てた。まさに、神隠し状態。 以前、台湾の九?へ行ったけど、雰囲気が似ている。。。 風呂上がり、、、あ~~~~腹減った。 よし、大分名物だんご汁を食べよう!!!  竹瓦温泉の角を曲がったところにある喫茶店「ぐみの木」でだんご汁いただきました!
うまいぃ~~~~~。
しかしながら、だんご汁って、山梨のほうとうに似ている。
どっちも美味しい。
さて、次回は、どこの温泉へ行こうかな。
  泉質: ●普通浴(男湯) ナトリウム・カルシウム・マグネシウム−塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉) ●普通浴(女湯) ナトリウム−炭酸水素塩泉(炭酸水素塩泉) ●砂湯 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム−炭酸水素塩泉・塩化物泉(炭酸水素塩泉) 適応症: ●普通浴(男湯) きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進 ●普通浴(女湯)・砂湯 きりきず、やけど、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩きりきず、やけど、慢性皮膚病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム) ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP