日記

遺産相続、、、面倒臭い

 今年の5月に母が亡くなった。末期ガンと発覚してから2カ月であっと今にいなくなった。 だから、遺言書とかそんなのはない。 おまけに、母は私が小学5年の時に離婚し新しい人と再婚した。幸い、その人と母の間には子供はいなかった。 最後、その旦那さんと私で在宅介護をしていた。  母の死後、5カ月が経ち、その旦那さんから昨日「貯金等相続手続請求書」という物が送られてきた。そこに実印を押して返送してください。っというもの。 母の銀行口座に年金、障害年金が振り込まれていたことは母から聞いていた。その貯めたお金で、一緒にブラジルへ行こうと話していた。でも、その話も今となっては思い出。 そのお金を引き出すべく、相続人である夫が手続を進めているのだ。 送られてきた書類に、実印を押して送り返せばすべて夫が引き出し、自分の物にするであろう。 ちょっと待って。それは、おかしいよね??? ってな疑問を持ち、いろいろググって調べてみた。 離婚した母であっても、子供には相続の権利は残る。法律上の分配は、夫が1/2。子供1/2。子供は二人いるので、私が1/4。弟が1/4。となる。 ただ、家族会議などで、分配の割合を決める話し合いがなされたらその話し合いの分配でいい。 でも、離婚した母の旦那と私と弟が話し合う機会なんて持てない。ましてや、私は話もしたくないのに。。。 だから、法律で定められた分配でいい。 そこで、登場するのが「遺産分割協議書」  相続人全員で分配を話し合った結果を書類にしたものだ。これを作成しておくと、様々なトラブルを回避できるらしい。 私の場合は、母の微々たる貯金だけだが不動産、土地、自動車などなどの遺品があるといろいろ厄介らしい。 なので、話し合いもなされてないのに、「貯金等相続手続請求書」 に実印を押して返送してくれ。なんて、都合の良い話だ。 まずは、銀行の残高がわかる公的書類と遺産分割協議書ではっきり分割の金額が分かったら、実印を押す。署名する。 あぁ、、、なんて面倒臭いだ。 こういう揉め事をなくすためにも遺言書は用意しておくべき。 離婚して、前妻と現妻に子供がいたらややこしいのでご注意を。  /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム) ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP