ダマリ紀行

[スペイン]40歳独女が馳せるサンティアゴ巡礼

 サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路は、キリスト教の聖地であるスペイン、ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路。おもにフランス各地からピレネー山脈を経由しスペイン北部を通る道を指す。 私がこの巡礼の存在を知ったのは、バルセロナの安宿で日本人女性と出会った時。 バルセロナで初めて迎える夜。私は安宿の食堂で、手持ちのインスタント麺を食べていた。広い食堂に一人。そりゃそうだ。バルセロナに来たのだから、旅人は皆んなバルにでも行っているのだろう。 そんな事を考えながら、一人で麺をすすっていると日本人らしい女性が、食堂に入ってきた。片足に包帯が巻かれいて、足をひきづっている。 「もしかして、日本人ですか?」「はい、そうです」 そこから話が話が始まった。 顔立ちは日本人だけど、ベッキーに似ていた。よく言われるそうだ。 彼女は、公務員として役場で働いていたのにも関わらずスッパリ辞めて、バックパッカーの旅に出た。 公務員の人でも、そういう人がいるんだなぁ~って一気に彼女のことが気に入った。 そして、彼女は旅の終盤にサンティアゴ巡礼をする事に。その巡礼途中で足を捻挫して、巡礼を断念することになったそうだ。 彼女は、ものすごく悔しそうだった。捻挫をしてから、この安宿に宿泊しながら病院に通っていた。 とても感受性の強い女性で、捻挫をした自分を責めて殻に閉じこもっていた。ろくに観光も行けない、、、と言っていた。  安宿の窓から。教会が向かいにある。いいわぁ~~~~。ドミ部屋の二段ベッドからの景色。 私がバルセロナを去る日、彼女とスタバでお茶した。彼女には言わなかったが、その日は私の誕生日。手元にある日本食と、「実は今日は私の誕生日で、、」みたいな手紙を書いて別れる間際に彼女に渡した。 後日、彼女からメールが来て私の日本食と手紙に、とても胸が熱くなったと、こんな人がいるのだ。っと、えらく感動してくれ、前に進む決心が着いたようだった。 彼女との出会いが教えてくれたサンティアゴ巡礼。800kmの道のりを1日30km程歩いて1カ月で、Santiago de Compostelaのカテドラル(大聖堂)を目指す。 私は、浄土真宗のバリバリ仏教徒だが宗教というものに興味があるし、全て尊いものだと思っている。 日頃から、私は心が弱っている時は、教会に出向き静かに十字架に向きあう。だからサンティアゴ巡礼も、四国のお遍路も私にとっては変わりはない。 スペインの旅と巡礼を同時にできるのだから、こんなに魅力的なことはないだろう。いろいろな巡礼路があるが、サンティアゴ巡礼が一番有名だ。 まだまだやりたい事、行きたい国は沢山ある!!!!
だから今のうちにバリバリ働いて、喜怒哀楽様々な経験をして自分の魂を磨いておこうと思う。
バルセロナといえば、お決まりのサグラダファミリア大聖堂。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)その他にも、エディター、旅ライターのお仕事もできます。★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP