日記

聖なるハーブvol.1【ホワイトセージ】

 ホワイトセージ。スピリチュアル系が好きな人は知っているハーブ。 ホワイトセージは、アメリカ・カリフォルニア州南部に自生する多年草。葉は、他のセージに比べて大きく、茎とともに白っぽい色味をしていることが特徴。草丈40~200cmの低木状に生長し、春から初夏にかけて淡い紫や白の花を茎の先に咲かせる。 他のセージに比べて、茎葉の香りが強く、乾燥させたものをお香として利用する。ネイティブアメリカンは、「聖なるハーブ」として儀式に用いてきた。 とにかく私は、自分の心がネガティブな時、うまく物事が運んでいない時、掃除をした後に、空間を浄化したい時にすぐにホワイトセージを焚く。 なんとも言えない、聖なる香り。  煙で浄化させることをスマッシングと言う。まっすぐに上に昇っていく煙を見ているだけで浄化された気分に。 この煙が妙な形を作る時がある。それを見て、やっっぱりただの煙では無いことがよく分かる。 私がお世話になっているパワーストーン屋さんではアクセサリーを購入した際に必ずスマッシングをしてくれる。 石も定期的に浄化しないと、本来のパワーを発揮してくれなくなるのだ。  ネイティブ・インディアンの血を引く後継者たちは現代社会でもお祈りや浄化にホワイトセージをモクモクと焚くそうで、その煙が家から漏れて、その匂いを嗅いだ人たちは「大麻だ!」と騒いだり、通報したりして誤解を招くケースもあるのだそう。。。 ホワイトセージの煙は、モクモクと焚いて外に出さないと意味が無いので焚く際は、ご近所問題に気をつけよう。 私もモクモクと焚いて煙を外に出していた際、彼が帰宅した時に「外まですごく臭っていた!」と言われたので気をつけようぉ~~~~~と思った。  15年前くらいに、後輩からいただいたナイトメアの棺型 小物入れ。骸骨グッズを持っていると、病気になる、、、っと言われ ているから持たないようにしていたけど、 これは、アクセサリー入れに使っていた。オークションで売ってしまおうか。と思っていた矢先、パ ワーストーン屋で働く友人から、ホワイトセージをいただいた。これは!あの入れ物がぴったりだ! っと使い道発見。あう~~~!  母にあげるお線香の代わりにもホワイトセージを使用。 最近では日本でもハーブ苗が出回っているらしいけど。セドナ産じゃなくても効果あるのかな??? これからも一番お世話になるハーブ。   /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)その他にも、エディライターのお仕事もできます。★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP