日記

トランク一つに人生を収める

ボリビア国境の町「コパカバーナ」にて  ミニマリスト。必要最低限の物で生きる最小限主義者。 あまり、こういう流行り言葉は好きではないが、私が目指す『精神』に似ているので、時々ミニマリストのブログを見ては参考にしている。 ミニマリストという言葉が流行る前は、断捨離という言葉が流行った。これまた流行り言葉だし、なんだか軽い言葉に聞こえるので好きではない。 私は、20代の頃まであふれんばかりの物に囲まれ生活していた。特に、新社会人で東京で初めて一人暮らしをしていた頃は酷かった、、、身の丈を知らない生活、ゴミ屋敷状態。 そんな私がシンプルライフに目覚めたのは、33歳で旅に出て帰国した頃。バックパック一つで生活できるじゃん。270日間バックパッカー、やどかり生活を経験した私は、そう思い始めた。そして、身の回りにある物達が急に邪魔に思えた。 例えばX-filesのDVD全巻。50枚程あっただろうか。それを全部データ化し、HDにまとめる。そして物はオークションで売る。これで、広い空間を確保。スッキリ。 このスッキリ、サッパリ、何もない開放感を味わうと、もうやみつきに。次から次へと、要らないものを売り、捨て、身の回りの物をなくしていった。 物から解放されると心身軽くなる。色々な事がシンプルになり、自分の手元には何があるのか把握できる。 そして、最近になって強く思い始めたのは、ホテルのような部屋。物を見せない収納。 自分にとって本当に大切な物だけで生活。 物があふれていると、頭がごちゃごちゃするし、下手すりゃ呼吸がし辛い。いつも心身リセットされていたい。 そう思いながらも、なかなか私が目指す生活には程遠いが、一年かけて理想の部屋を作ろうと、寝る前にあーでもないこーでもない、っと考えるのが楽しい。 究極の理想は、トランク一つで生活すること。それくらい研ぎ澄まされ、見極めた物を持つ。それは、スマホではなく、何度も繰り返し読んだ単行本かもしれないし、一枚の誰かがうつった写真かもしれない。ブリキの缶に入った一個のボタンかもしれない。 、、、そういう事をいつも考える。 ミニマムなシンプルライフを日頃から心がけるのは、トランク一つに人生を収めるための準備。 ペルーのプーノからボリビアへ。バスターミナルにて ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)その他にも、エディライターのお仕事もできます。★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP