日記

モノも心もミニマムにしたら、体をミニマムに。

 私は小さい頃から小太り。今は、小太りというより単なるデブ。 身体が健康すぎて食欲がない…という状態にならない。(二日酔いの時ぐらいかなwww) 「健康であれば、体型なんて関係ない!」と40年を過ごした結果今は、デブだ。 モノを減らして、いくらミニマリストを目指していても身体が無駄な贅肉だらけでは、話にならない。 私がミニマムな生活にハマった理由はモノが少ないと、イライラすることがなくなり何事もスマートに事を進められるから。 これは、体にも言える事で贅肉があるがゆえに、イライラする。贅肉に支配される人生。なんてこった…。 いつもウエストがボッテリぶよぶよ。パンツスタイルも似合わないし、スカートもお尻ばっかりが広がって似合わない。二の腕は女子プロレスラー並みにたくましく、アゴはたるんで醜いったらありゃしない。 太っていると似合う服がなかなか見つからない。このストレス。隠す事ばかりを考えて、ダサダサになる。 シュッとしている人は、シンプルな服でもかっこいい。無駄なモノを着飾らなくてもかっこいい。 これからもっと、フリーランサーとしてお客様と会う機会が増えていく。そんな時に、小太りなクリエイターより、シュッとしたクリエイターの方が好まれるだろう。 自分自身をクリエイトできずに、いいモノが作れますか? そう、自分に問う。 やばいよ、40歳。ここで本気で体を絞らないと自分自身を疑うわ…。だから、今年はシュッとなろうよ。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP