ダマリ紀行

[ヨーロッパ_スペイン]奇才ダリ三大聖地の旅その1「プボル城」

サルヴァドール・ダリ。スペインの画家。美術の教科書に必ず載っている、グニャリと曲がった時計。誰でも一度は見たことがあると思う。そして身近なもので言えば、チュッパチャプスのロゴをデザインしたのもダリ。彼は、商業デザイナーでもあった。 私はダリに魅了されたうちの一人。 ダリ好きなら、誰もが憧れるダリ三大聖地がある。その聖地を駆け足で紹介することにするが長くなるので、シリーズ第三弾でご紹介。   ダリ三大聖地その1 ガラ ダリ城美術館(プボル城) Casa-Museu Castell Gala Dali  スペインのジローナから、バスで40分。ラ・ぺラという超ど田舎にプボル城はある。 プボル城とは、ダリが愛妻ガラに贈ったお城のこと。 田舎すぎて、おまけに地図もなく(←無謀)、フレサ駅の駅員さんに聞いても知らなくて、結局タクシーを捕まえてレッツゴ〜!(田舎すぎて、タクシーもいなくて、キオスクみたいな店のお姉さんが電話で呼んでくれたww)   ジャジャ〜〜〜ン!プボル城に無事到着。お城というより、素敵なヨーロッパの自宅。という感じ。  あ!!!!ダリが出迎えてくれてるぞ!Hola DALI! Como esta? ガラが生涯「隠れ家」として使い、ダリはガラの「招待状」がなければ入れなかったお城。ガラはこの城で、若い芸術家たちと暮らしていたそうで、長年の芸術のミューズであるガラからの疎遠はダリを不安にさせ、うつ病となる。  私は、ガラの気配を感じていた。ダリの作品に登場するガラの服やリボン、風景そのものがあり、私は絵画の中に入り込んだ気持ちになっていた。   ダリより10歳年上のガラが亡くなった後、ダリは創作意欲をなくし、このお城に引きこもることに。  ダリ最後の作品「スワロー・テイル」もここで描いた。作品は、フィゲラスのダリ美術館に展示されている。  ガラが来ていた服も展示されている。ダリがデザインした服もある。   ダリが愛用していたキャデラック。   このお城の地下にはガラとダリのお墓がある。2つの棺が並んでいるがダリは、ここには眠らなかった。   私がこの場所で気に入ったのは、庭。植物が生い茂り、ダリのオブジェもあって、とても気持ちが良かった。  行きの道は、分からずタクシーを利用したが帰りは来た方向へひたすら引き返すのみ。本当に何にもない田舎道を、ひたすら(多分3kmくらい)駅に向かって歩いた。 でも、この何もないのが贅沢な時間。じっくり、ゆっくり、プボル城の余韻を歩きながら楽しむことができた。ありがとう、ダリ。 次回は、ダリ三大聖地その2/ダリ美術館  Teatre-Museu Daliをご紹介。 /////////////////////////////////////////////////////////////////////////// セルフマガジン制作produced by POWER for Restart 編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」によるセルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー) プロの編集者とデザイナーを使ってあなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします! Price A5カラーp.8/123,000円~※さらなる詳細は⇒こちらから ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////デザイン屋Damalish.comネットツール ★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)https://www.facebook.com/damalish★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) https://twitter.com/Damalishcom★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)https://www.instagram.com/damalish_com/★Damalish.comホームページhttp://damalish.com★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆http://blog.damalish.com ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP