ダマリ紀行

[まとめ]海外旅行あるある土産

 いつも同じことを繰り返してしまう。自分はバカだと思う。 タイトルは「海外旅行あるある」と書いているが国内旅行でも同じことが発生する、「お土産」について。 観光地に行くと、ありとあらゆるものが売られていてより良いものを安く手に入れるか。みんな、それを考えるだろう。 結論を言えば、行った観光地で入手する。良いと思ったものは、そこで購入する。それが一番失敗がない。 「今、ここで買わなくても、もっと良い店があるのでは?」「もっと、安い店があるかもしれない」こういうことを思っているうちに、チャンスを逃し結局、空港でめちゃくちゃ高いお土産を購入することとなる。 ぼったくりが一番ひどいのは、空港だ。何もかもが高い!too expensive!!これは、どこの国でも言える。 インドに行った時は、相当後悔した。ジプシーや売り子さん、足がないおじさん、顔をひどく火傷したお母さん。その人たちから、たくさん購入すれば良かった。 なんで、空港で高価なお土産を買わねばならない。そりゃ、品は保証されていて良いものかもしれないけど、ガネーシャの像や、色々な神様グッズ、紅茶、パシュミナ、サリー。金額が二倍、三倍、それ以上のものばかり!!! おまけに、空港でお土産を購入するとその場でパッキングをしなおすという手間がかかる。帰国するときの、あの疲労感の中で、パッキングをしなおすのは、面倒だ。 やはり、テンション高めの旅行の最中でお土産を購入して綺麗にパッキングして、帰りの空港では全部荷物を預けて身軽が良い。そして、優雅に旅の余韻にひたり、ビールかワインでくつろぎたい。 次に行く国では、そうしたいものだ。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP