デザインコラム

オンライン環境を整えないと損するよ

コロナ禍の世の中になり、ますますオンライン化が加速している昨今だが、オンライン環境が悪くて損をしている方が結構いることに気づく。

ダマリの場合は、デザイン講座をさせていただいているのだが、受講生の生徒さんでオンラインの環境が悪すぎて、なかなかログインできない、フリーズする、シャットダウンする、音声が聞き取れない、時差が出る、などなど、講座時間が1時間に対して、10分のタイムロスはザラで、ひどい時には30分も無駄にしている生徒さんもいる。

ダマリの場合は、少しはタイムロス分を延長して講座を行うが、普通はそうはいかない。特に、グループレッスンなどは一斉にスタートして、一斉に終わらなくてはならないので、タイムロスは自分自身の責任となる。

できるなら、オンライン環境はしっかり整えたほうがいい。あとは、パソコン自体の性能も見直したほうがいい。特に、サブスクなどのアプリをオンライン上で使用している場合は、かなりパソコンに負荷がかかっていることが予想されるし、動画制作を始める方などは特にオンライン環境を見直したほうが、自分自身にとって良いかと思う。

DMM英会話オンラインレッスンを受講しているが、講師が海外にいるため、時々オンライン環境が悪い講師がいる。1回のレッスンが25分なので、そういう講師はたぶん2度と選ばないと思っている。

相手にとっても自分にとっても、オンライン環境は大切だ。

コメント

この記事へのコメントはありません。