日記

冷蔵庫の掃除をしながら思ふ

本日、RAINY DAY 。こんな日は、お出かけもできないので冷蔵庫を掃除することに。

ダマリ家の冷蔵庫は小さい140Lの2ドア(無印)。息子が生後7ヶ月頃に買い替えたもの。それも中古。一般的な考えだと、息子が生まれ家族も増えたのだから、大きめの冷蔵庫を新品で購入した方が良い。となるだろう。

ダマリの考え方はミニマムが基本。大きい冷蔵庫にしても無駄な買い物をしてしまうだろうし、ストックで沢山になる。今まで、母の業務用冷蔵庫、祖母の冷蔵庫、父の冷蔵庫を使用例を見てきて、実際そんな大きな冷蔵庫は必要ない。と結論に至った。

ダマリ家の冷蔵庫に入っているモノは、調味料・スパイス・漬物が基本。あとは、卵・きのこ・豆腐・納豆・キムチ・ヨーグルト・牛乳を買い足すくらい。野菜は常温だし、葉物は使い切るかカットして冷凍。肉類・魚類も冷凍庫。

入らなくなった時は、ある食材で何か作って使い切る。調味料も使い切る。大概、使いきれない調味料や冷凍庫に溜まった保存食であふれているのを見てきた。賞味期限切も多い。

小さい冷蔵庫は、常に容量を考えるため無駄がないのが良い。あるもので何かを作るのは実験みたいで楽しい。何より掃除も楽ちんだ。

家族の健康を担っている冷蔵庫。大切に使って行こう。いつもありがとう。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP