デザインコラム

和紙の裏表どっち?

息子の保育園が夏祭りを開催するにあたり、各家庭1つ「灯籠」を作って来てください。とお達しがあった。灯籠の枠を作るのも四苦八苦したが、いざ和紙に絵を描こうとしたときに「あれ?和紙ってどっちに書けばいいのだっけ?」となった。

書道はどっちに書いていたっけ?表面がザラザラ?裏面がツルツル?すぐにGoogleで調べてみる。すると、ツルツルもザラザラもどちらでも正解らしい。

ちょっと滲ませて書きたい時はザラザラ面に。湿度や雨の日はツルツル面に書いたりするそうで。今回、保育園の灯籠に使用するわけだから、耐久性のありそうなツルツル面に描くことにした。確かに、ツルツル面は伸びがいいように感じる。滲ませたくない場合はツルツル面が良いかと。

筆の質感とか、墨の躍動感を出すならザラザラ面なのだろう。かすれた感じや滲みが表現できそう。しかしながら、和紙って改めて凄いと思った。水にも強いし、灯りを通すと良い塩梅だし。

自分が保育園時代も、親がこうして作ってくれたんだろうな。と思うとノスタルジーな気分になる。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP