家族・愛猫

送り盆。母を感じながら針仕事

ダマリの母は、裁縫が得意で小さい頃から手作りのもので育ててもらった。母が亡くなってからというもの、母が残してくれたモノが、今でもダマリに温もりを与え続けてくれている。

特に、手作りのバッグなどは使い続けているため、布がスレたりして破れてくる。母が生きていた頃は、すぐに頼めば修復してくれていたのだが、今は、自分自身でやるしかない。

送り盆の日。外は雨が降り続き、外出する気も起きないので、静かに針仕事をすることにした。ずっと、放っておいたお気に入りの手作り手提げバッグ。手持ち部分が擦れて破け具合が広がってきていた。

手持ちのハギレをあててチクチク縫い合わせる。針仕事は苦手な方だけど、やりはじめると脳もスッキリするし、心が落ち着く。なにより、布を触っているのが心地よい。

ダマリの息子の名前は「李衣りい」。衣とつけたのは、布への想いがあったのもある。織物というのは、縦と横糸が混じり合ってできる。人との出会いも同じ。そして、それが柄になる。そしてその衣(ころも)は、人を包み込む。ダマリの息子にも、人を包み込む大らかな優しい子であってほしいという想いがある。

ちくちく、ちくちく針仕事。これからも大切に使わせてもらいますよ、お母さん。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP