英語

英語で「かまぼこ」の説明って?

DMM英会話をしているダマリ。お気に入りの講師が数名いる中で、一番フィーリングの合うフィリピン講師ができた。レッスンの始めと終わりに、少しだけフリートークをするのが楽しみになっているが、いつも朝食かランチの話で盛り上がる。

ダマリは今日、昼食に「かにかま」を食べたのだが、これを説明するのに四苦八苦(笑)まず、「かまぼこ」の説明から入る。Fish Paste boiled……www この時点で、「かまぼこ」を食べたことがない人は、想像もできないだろう。

ネットで「かまぼこ」の英語訳を検索していると「日本かまぼこ協会」のサイトに、英語版のかまぼこ説明PDFが貼り付けられていた。そこには以下のように書いてあった。

Steamed Kamaboko(板かまぼこ)

Steamed Kamaboko loaf on a wooden plate.
Seasoned surimi paste formed in to semicircular shape on a wooden plate and steamed.

Crab Flavored Kamaboko(カニかまぼこ)

Crab flavored Kamaboko sticks which are shaped to resemble leg meat of crab.

Fried Kamaboko(さつまあげ)

Deep-fried surimi seafood.
Some Satsuma-age contains pieces of seafood or vegetables as auxiliary materials.

海外では「かにかま」が surimi と表示されている場所もあるようで、他にも imitation crabmeat  と表示されているものもあるんだとか。

フィリピンには「かまぼこ」はないが、さつま揚げのような「Fish Nugget」はあるようだ。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP