日記

毎晩、観る夢

毎晩、観る夢は楽しい。色々な体験ができるし、旅もできるし、亡くなった人や芸能人にも会える。

夢は、脳内の情報整理だと聞いたことがある。でも時々、日常では想像できない、物凄い世界へ行けた時は驚く。

ダマリが良く観る夢は国際空港。チケットとパスポートを持って飛行機に乗り込む前。間に合うか間に合わないかの瀬戸際が多い。知らない国へ行く事もある。それがまた楽しい。

あとは、憧れのクリエイティブディレクターの佐藤可士和さんや、水野学さんと話をする機会もあった。そんな夢をみることができた朝は最高の気分。

学生時代はよく空を飛んでいたのに、観なくなったな。ヘビの夢は良いというけど、足の踏み場がない程のヘビは気持ちが悪い。

ザトウクジラがジャンプしたり、龍が滝壺から出てきた夢も観たことがある。妊娠が発覚した時は、亡くなった母が出てきてシャンパンで乾杯した。

小学生の頃は、「毎晩、観る夢の方がリアルなのではないか?」と夢日記をつけていた時期もあった。

夢がカラーなのはもちろん、匂い、味、そして夢をコントロールできる人は霊感が強い。とも聞いた事がある。

学生の頃は、よく金縛りにあっていて悪夢の中で九字護身法(くじごしんぼう)の「臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前」を唱え、自分で金縛りを解いていた。←いや、マジで!

さ、今夜はどんな夢を観られるかしら。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP