デザインコラム

曖昧なデザインはやめて欲しい

みなさん、毎日お洗濯お疲れ様です。そんな毎日の洗濯のシーンで、少しモヤっとしたデザインがあったのでブログに書こうと思う。

上記に貼っているP&Gの商品である「さらさ」。ボタニカルっぽいデザインが素敵だし、界面活性剤が他の洗剤よりも少ないので、これを使用している。

そして、この2つの画像をみて、みなさんは何かお気づきだろうか?パッと見は、容量の違いかな?と思うかもしれない。しかし、よく見ると「洗濯用洗剤」と「柔軟剤」だ。

先日、洗濯用洗剤の詰め替え用を購入し保管しておいた。本体の液体がなくなりそうになっても「詰め替え用を買ってあるから大丈夫」という安心感があった。そして、昨日「さ、詰め替えましょう!」とした時に、液体の色・香りに違和感を感じた。え????まさか????

よくパッケージを見ると「柔軟剤」と書いてある。そう。洗濯洗剤の詰め替え用ではなく、柔軟剤の詰め替え用を買ってしまっていたのだ。うちでは、柔軟剤使わないのに………

ここでダマリは、モヤッとした。「同じデザインにするな!!!!!」詐欺まがいやないかい!

わかりやすく、ピンクをブルーにするとか。違いを出した方がいい。もちろん、よく見なかったダマリも悪いが、間違わせるような誤認させるようなデザインなんて、どうかと思う。

これが、ダマリが間違えた詰め替え用。左が洗濯用洗剤。右が柔軟剤。ダマリは、単純に「2倍」ではなく「2.8倍」という数字で選んでいた。しかしながら、こういう曖昧なデザインはやめて欲しい。

Amazon Kindleリリース中

名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
 小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP