日記

人生最古の記憶っていつ?

ダマリの息子2歳5カ月。毎日元気に保育園へ通っている。そんな彼を見ながら、ダマリ自身の幼い記憶は、いつだろうか?と考えてみた。体内記憶がある子もいるようだが、残念ながらダマリにはそのようなエピソードはない(笑)

思い返してみると、保育園での出来事が細切れで思い出す。当時、もも組だった頃(3歳児クラス)朝の登園時に、友達のゆみこちゃんがめちゃくちゃ泣いているシーンを思い出す。ゆみこちゃんは、腐れ縁で保育園から高校まで仲が良かった幼なじみ。靴箱の近くの白いポールにしがみつき、クラスの中に入らない。当時のダマリは、何で泣いているのだろう?と不思議に思っていた。

次の記憶は、チューリップ組(4歳児クラス)。いとこのじゅんこちゃんと保育園のシーソーをしていると、じゅんこちゃんが突然シーソーから降りて、ダマリは上に上がっている状態から下に急下降!ドン!と打ち付けられ腕を骨折。後にも先にも、それが人生初の骨折だった。病院で、ぐり〜〜〜〜!っと腕をひねられ、骨を元の位置にもどす施術だったのかもしれないけど、ものすごく痛かったのを思い出す。。。

次の記憶は、うめ組(5歳児クラス)。同じクラスの男の子シュンとケンカして、彼の目ん玉に指をぎぎぎぎ〜〜〜〜!!!っと押しつけた記憶。シュンとは、中学まで一緒だった。メガネになったのは、その時ダマリが目を負傷させてしまったからなのか?と思うことがあった。ごめんね。。。

こうして思い返してみると、あまり家での最古の記憶ってないな(笑)そして記憶に残るものって、楽しいことよりも痛かったり、トラブルなんだよなぁ。旅の記憶もそうだけど、トラベルの語源はトラベルだと言うように、トラブルの思い出の方が濃いし、振り返るとそれが良い思い出になったりする。あなたの、最古の記憶はいつですか?

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP