日記

些細なことが与える印象

今朝、団地の集合ポストに、選挙区支部長のチラシが入っていて。「入れ方が汚い」と、すぐに思ってしまった。特に、集合ポストは並んでいるため、雑な入れ方をしているチラシがあると汚さが際立つし、「はぁ………また、ゴミが増える」と思ってしまう。(写真はイメージです)

ということは、普段ポストに入れられているチラシと、選挙区支部長の「特集号」とやらも、同じ扱いになってしまう。いくら内容が良くても、この雑な入れ方では、初めからの印象が悪い。

もちろん、雇っているバイトなのか、はたまた配布業者に依頼してしているのかもしれないが、そこまで選挙区支部の想いが浸透していない。ということになる。

もし、想いが浸透していれば、そんな雑な入れ方にはならない。ポストの中まできちんと押し込む。それか、三つ折りか、二つ折りがいいかと思う。

会社や団体の「想い」を浸透させることは、とても重要なことだ。それはブランディングの一環だと言える。もし、ダマリ家の玄関が汚いとしよう。宅配業者さんや団地のみなさんは、ダマリのことを、その玄関の汚さで人間性を判断する。「ダマリデザイン室さんは汚い=デザインも汚い」そういう印象を与えることになる。

これは、どんなものにも共通することだし、自分自身も気をつけようと思った。

    Amazon Kindleリリース中

    名刺は、相手とコミュケーションを図るための重要なツールであり、自分自身の分身となる重要なブランド資産です。 そこに意識がない名刺というのは「ただの紙切れ」になってしまうのは当然のことです。
     小さな1枚の名刺づくりに真剣に向き合うことで、名刺に愛着がわき、名刺交換の際は今までと違う感覚になるかと思います。 この本を機に、あなたの名刺が磨かれ、仕事につながる名刺づくりのお手伝いができたらと願っております。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    PAGE TOP